新生 NEKO 襲名披露ツアーは諸事情を顧慮し
秋以降に延期させて頂きました。


静岡県、山梨県
九州、北海道の皆さん,

ごめんなさい。
収束次第飛んで帰って来ます!

 

NEKOは日暮風太とともに再出発します。


2020年

NEKOは 常富喜雄 & 日暮風太 の二人で再出発します。

静岡市出身の 風太

NEKO 再結成後すぐから

僕たちを応援し続けてくれました。

強いロック志向を持ちながらも

繊細な響きと言葉をも極限まで大切にする

素晴らしいクリエーターです。
そして彼のオリジナリティー溢れる楽曲群が
新しい
NEKO の血となり
70年代の僕たちの遺産と融合して
新しい音楽が生まれてくれると確信出来ました。

今は録音とリハーサルの日々。

4月からは全国ツアーを開始します。

立ち止まっても後ろを振り返ったら
また歩き出す。
いつまでもそんな
NEKO でいたいのです。

近くの街でお逢いしましょう

2020.1.1

常富喜雄 日暮風太

風太から皆さんへ

 

リアルタイムに「猫」を知らない僕が、
リアルな今「猫」に加入することになった。
僕の視線、視点で「猫」を捉えることによって生まれる、
新しい「猫」を皆さんに 楽しんで頂けたらと思います。
猫にも色々あって、家猫、野良猫、招き猫 どら猫、化け猫、泥棒猫
さて、日暮風太はどんな「猫」なのだろう?
日本のどこか、皆さんの街でお会いできるのを
楽しみにしております

令和2年 日暮 風太

アルバム 猫 6 発売中!

 

猫 6

 

01. 僕のエピローグ

<作詞:吉田拓郎 / 作曲:常富喜雄, 大久保一久>

 

02. わたしたちのうた

<作詞・作曲:浜田真理子>

03. 駿河台下

<作詞:SHIGE / 作曲:常富喜雄>

04. 歩いていようね

<作詞:及川恒平 / 作曲:内山修>

05. マイウェイ

<作詞:Gills Thibaut, 訳詞:片桐和子 /作曲:Claude FrancoisJacques Revaux>

06. 昼下がりの街

<作詞:岡田冨美子 / 作曲:常富喜雄>

07. エノケンのダイナ

<作詞:Joe Young & Sam M. Lewis, 訳詞:サトウハチロー / 作曲:Akst Harry>

08. 今を生きる

<作詞・作曲:ノグチアツシ>

09. 人生なんてそんなものさ

<作詞・作曲:田口清>

10. 海原

<Traditional, 訳詞:坂庭省吾>

11. 雪

<作詞・作曲:吉田拓郎>

12. 海は恋してる

<作詞:垣見源一郎 / 作曲:新田和長>

Produced by NEKO
All Tracks Recorded & Mixed by Nobuo Tsunetomi
All Vocal Tracks Arranged by Osamu Uchiyama
Recorded at Neko Chigura & Nakashibetsu Kodomo Clinic
Mastered by Hiroki Furutani

Nobuo Tsunetomi / Vocal, Sakata Guitar, Godin Guitar, Martin Ukulele, Harmonica
Osamu Uchiyama / Vocal, Gibson Guitar, Percussion
Takeshi Arai / Vocal, J×S ZZE-Bass, Fender Bass

Special Thanks to Atsushi Noguchi

Cover Illustration / Keiko Sato

Photography / Kumi Fujiwara

 

¥3,000(税込)